原状回復をDIYで済ませることはできるか

賃貸住宅を退去する場合、家主や不動産管理会社が室内を点検し、入居者の責任によって汚れやキズがついた部分については修繕費用を請求される場合があります。

これを原状回復といい、通常の賃貸借契約では経年変化や通常の使用による場合を除き、入居者側に回復の義務があります。具体的には入居者が工事費用を負担することによって果たされるこの原状回復ですが、では自らDIYで修繕することによって義務を果たすことはできるかというと、結論から言えば可能です。しかし、実際に行う場合は注意が必要な点があります。

現在ではホームセンターなどでさまざまなDIYグッズが売られているので、住宅内のちょっとした汚れを落としたり、凹みやキズなどを修復するのはそれほど難しくありません。ただ、プロの目から見ても問題ないレベルにまでDIYで修復可能かというと話が違ってきます。入居者が生活する側の目で「この程度まで直せば大丈夫」と考えても、住宅のプロである家主や管理会社が同じように見るとは限りません。

彼らにとって住宅はあくまでも「商品」ですから、商品価値が元通りになっていなければ意味をなさないことになります。また、原状回復を行うべき範囲についての判断が、入居者側と家主側で異なることもあります。たとえば壁紙の一部を自分で補修したとしても、「全体的に汚れが目立つからそっくり張り替えが必要だ」となれば、DIYも無意味だったということになってしまいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *