賃貸の模様替えは原状回復のことを考えてDIYで

気分を一新したいのでお部屋を模様替えしたい、という場合、住んでいるのが持ち家であれば特別な制限は何もなく、自分の好みに合わせてリフォームや改装工事を行うことができます。

施工業者に頼むなり、あるいはDIYで自ら作業するなり、やり方も自由です。しかし、賃貸住宅の場合は注意が必要です。言うまでもなく、賃貸住宅の入居者は建物を一時的に借用しているだけで、所有権自体は家主側にあります。簡単に言えば「他人のもの」ということになります。したがって、勝手に改変したりすることは原則として許されません。仮に無断で改変し、そのことが家主に知れなかったとしても、退去時に問題となることがあります。

それは、賃貸住宅の入居者には原状回復義務というものがあるからです。原状回復義務とは、賃貸住宅を退去する時は入居する前の状態に戻してから明け渡さなければならないというものです。現実には家主側が回復し、それにかかった費用を入居者が負担するケースが一般的ですが、いずれにしても模様替えを行った場合はそれを元に戻さなければなりません。

それでも、どうしても模様替えをしたいという場合は、現状を変更しない程度のDIYにとどめるのがおすすめです。釘を使う代わりに後で剥がせるテープを使うとか、壁の色を変更するにしても塗装ではなく着脱可能なシートを貼るとか、その程度のDIYであれば退去時にも簡単に原状回復が可能です。ただ、不意に家主の訪問を受ける可能性もあるので、基本的には事前に了解を取っておくようにします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *