床材の原状回復はDIYでもできる素材があります

賃貸物件を退去する時には、最初の契約通りに原状回復を行って返却することが求められています。

借りている以上は仕方のないことですが、管理会社や専門会社に仕事をしてもらう方法では資材費用や技術料、その他雑費でお金が大きく掛かってしまうという不都合を感じることが多々あります。許可を得て原状回復をDIYで行うことができる場合は、出費を軽減できるので時間があれば自ら施工してみる方法も悪くはありません。DIYの範囲で可能な場所はある程度は限られてしまいますが、床材がクッションフロアのスペースの場合は、素人の方でも簡単作業で行えます。

クッションフロアの場合は自然劣化による変色などは原状回復の範囲外となりますが、例えばタバコを落としてしまい穴を開けてしまったり、家具を移動させた際に深い傷が付いてしまった場合、薬剤などを付着させてしまい、表面が溶けたような状態では実費が掛かります。クッションフロアの張り替えDIYは、ECサイトから資材を購入すると安く入手できます。当然ながらサイズを計測して必要メートル数を購入すること、同時に専用の接着剤を購入することで準備は整います。

DIYの施工で最も苦労してしまう内容は、施工場所に対するサイズ合わせではないでしょうか。この問題は古いクッションフロアを剥がした後に、型紙として用いる方法が最も簡単ですが、グリップの付いた専用のスキージーが販売されているので、この道具を使えば大きめにカットをしてあまり部分を縁で綺麗にカットすることは簡単です。クッションフロアの場合は柔軟性があり厚みも薄いので、普通のカッターで切断できる手軽さがあることから、DIYでの原状回復には普通の方でも対応できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *