大規模修繕で考えられるトラブル

マンションの大規模修繕は建物を健全に維持していく上では欠かせないものですが、多くの入居者がいる状況ではさまざまなトラブルが発生することも予想されます。

このため事前にトラブルを避けるためにもその対策が不可欠です。大規模修繕に起こりやすいトラブルとしては、騒音や臭い、ホコリや振動といった工事に伴うもののほか、作業員が出入りすることによるプライバシーの侵害、外壁工事のための足場が組まれた場合には空き巣のリスクがあるほか、これらに起因する近隣のクレームといったものが考えられます。また施工が必ずしも円滑に行えるわけではなく事前の調整が上手く行っていないと工事が遅れる原因になるものです。

大規模修繕のトラブルの多くは事前の説明不足で起こるもので、入居者および周辺への説明が欠かせません。大規模修繕は入居者にとっては、快適に過ごすため、かつ資産価値を維持する上では欠かせないことですが、事前の説明不足はトラブルの原因となります。

特に施工する場所に私物が置いてあると工事が出来ませんから、そのあたりの協力は必要不可欠です。施工前に大規模修繕の内容を説明し、協力を求めることはもちろんですが、また工事中のコミュニケーションも欠かせません。工事中も入居者からの苦情が起これば、それにすばやく対処することで、ものごとを大きくさせないためにも必要です。これらを放置すると入居者から工事中止を訴えられることにもなりかねません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *