サブリースだと更新料などももらえないです

最近はテレビの宣伝などで紹介されている、一括借り上げはサブリースと呼ばれるシステムで、特に高齢者でアパート経営が難しかったりする場合などはとても頼りになります。

アパートやマンションのオーナーにとっては、契約時や退却時のさまざまな手続きは専門家ではないので難しい場合があり面倒でもありますので、確かに一括借り上げシステムだとそういった契約関係なども全て業者が行ってくれます。中でも頭が痛いのが空室対策で、サブリースだと空室があっても安定した家賃収入が見込まれて、大変な入居者探しも全て行ってくれます。これだけ聞くとアパート経営のオーナーにはいい事尽くめなのですが、実はデメリットも多いです。

まずは金銭面でいくと、2年に一度もらえる更新料なども全て業者のものとなってしまい、これが何年も続くとかなり大きな金額となります。家賃も10年は据え置きと初めに言われても、状況によっては数年後に家賃の減額要請がくる場合もあり、仮に据え置きでも更新後は大きく減額される可能性もあります。また契約内容によっては、定期的な補修やリフォームなども要請されたりして結果的には自ら運用するよりもかなりの費用負担になるリスクも考えられます。サブリース契約内容には最大の注意を払って、曖昧にするのではなく自分で納得してから契約をしないと場合によっては解約なども簡単には応じてもらえない可能性もありますので、サブリース担当者の言葉だけを信じるとトラブルが発生するリスクもありますので気をつけてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *