サブリースは不動産管理会社選びが重要

新築アパートでサブリース契約を締結する場合には、ハウスメーカーの子会社が管理会社となるケースが多く見られます。

不動産の管理やサブリース契約は宅地建物取引業者でなくても可能ですが、多くの管理会社は宅地建物取引業者です。ハウスメーカーの子会社であれば建物の構造を熟知しており、何らかのトラブルが発生した場合でも迅速に対応できます。グループ会社全体で建物の建築だけでなく、管理や修繕も任せることができるので安心です。ハウスメーカーの子会社に管理を任せる場合、オーナーはほとんど何も心配せずにアパートを運営できます。またハウスメーカー側もサブリース契約によって長期的に収益を得られる構造になっています。ただし不動産管理会社はハウスメーカーの子会社であることが多いため、一般的な不動産会社と比較すると営業力が弱いというデメリットもあります。

基本的にハウスメーカー系の不動産管理会社で、日本全国の駅前などに店舗を展開しているケースは少数派です。一般的な不動産管理会社は、サブリース契約を締結している物件に空室が発生すると地元の不動産会社に入居者募集を依頼します。入居者の募集方法は、サブリース契約を締結していないオーナーとほぼ同様です。地域によっては管理会社の店舗があり自社で入居者を募集することも可能ですが、多くの場合は外部に委託して募集を行います。ハウスメーカー系の不動産管理会社は、賃貸よりも建物の管理に強いのが大きなメリットです。不動産管理者会社には様々なものが存在するので、それぞれの特徴を確認した上で選ぶ必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *