サブリース契約は事前の確認が重要です

不動産投資家やアパート経営のオーナーにとっては、一括借り上げで一定の家賃収入が還元されるサブリース契約はとても魅力的な仕組みです。

面倒な契約や契約更新の手続きや、家賃滞納などにもすべて代行で行ってくれますので、多忙な投資家や高齢者の不動産オーナーにとっては頼りになります。何よりも不動産経営者には頭の痛い空室対応も行ってくれますし、空室時でも一定の家賃収入がもらえるのはとてもありがたい制度です。ですが最近はこのサブリース契約についていろいろなトラブルが生じていて新聞などで報道されています。例えば契約期間中にも関わらず家賃の減額依頼があったり、契約期間終了後には大幅な家賃減額が提示されたりするケースもあり、それ以外にも必要以上の補修やリフォームを強要されたという事例も出ています。

これはサブリース運営業者が登録制にはなっていなく、通常の不動産の賃貸時に行われる資格者からの契約期間や契約解除ですとか、家賃見直しや免責期間などが書面ではなく口頭で行われていて、契約書には丁寧に記載がされていないのが原因です。業者側の一方的な勧誘だけを信用するのではなく、契約を行う前にきちんと将来に起こるべき可能性を事前に書面で業者側と確認をすることが重要なポイントです。サブリースはアパートオーナーにとっては使い方によっては魅力的な制度ですから、しっかりした業者選びと事前の疑問点をクリアにしてからの契約がトラブルを回避する一番の方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *