サブリースのトラブルを回避するには

サブリース契約を締結すれば、プロの不動産管理会社に面倒な管理を任せることができるだけでなく安定した家賃収入が得られます。

ただしサブリースは、借主の権利が借地借家法によって強く守られている普通借家契約である点を十分理解して契約する必要があります。トラブルになるのを回避するためには、予めサブリース契約によって起こりうる問題を把握しておくとよいでしょう。デメリットを理解した上で契約を締結すれば、面倒な管理をプロに任せて効率的に不動産を運営できます。サブリースは普通借家契約なので、借主にふりとなる賃料の改定条項は無効とされています。一定期間にわたって家賃保証が行われる場合も、市場の状況が変化すれば減額される可能性があるので注意しましょう。

どのような条文を契約に盛り込んでも、借地借家法では不動産管理会社の賃料減額請求権が認められています。空室が増加した場合や相場が下落した場合など、借主である不動産管理会社から貸主であるオーナーに賃料の減額が請求されることがあります。不動産管理会社では損失が生じる前に、オーナーに対して賃料の減額を請求するのが一般的です。家賃保証や空室保証などが行われる場合でも、状況によっては保証されないことを念頭に置いて契約する必要があります。建物オーナーは間接的に空室のリスクを負うことになるので、なるべく集客力のある管理会社に任せることが大切です。現在の不動産の運営状況や過去の実績などを比較検討して、最適な不動産管理会社を選ぶとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *