効果的にサブリース契約を活用するには

サブリース契約は不動産の煩雑な管理作業をプロの管理会社に任せて、安定した家賃収入を得られるというメリットがあります。

この契約を活用すれば投資の素人でも少ないリスクで利益を得ることができますが、信頼できる不動産管理会社選びが非常に重要です。サブリースは普通借家契約によって行われるので、借主である不動産管理会社の権利が強く守られています。物件の管理をプロに任せて安定した収入を得ることができますが、デメリットもあるのでしっかり確認した上で契約を締結することが重要です。一般的にサブリース契約では家賃保証や空室保証が行われているものの、不動産管理会社には法的に家賃減額請求権が認められています。状況の変化によって不動産管理会社に損失が発生する可能性がある場合には、減額請求されることがあるので注意が必要です。

家賃保証や空室保証が行われていても、絶対に賃料が減額されないというわけではありません。サブリース会社はハウスメーカーの子会社であることが多く、施工会社のグループ企業であるのが一般的です。ハウスメーカーの子会社と契約した場合には、指定工事会社以外に修繕をさせることができないという契約条文が盛り込まれることがあります。修繕工事とサブリースは全く異なる契約ですが、ハウスメーカーの子会社が不動産管理会社であり修繕工事を行う会社を指定しているケースが多く見られます。そのような場合、オーナーは他の工事会社に発注できず修繕費が割高になることがあります。不動産管理会社を選ぶときは、契約内容をしっかり確認することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *