生理中の脱毛がNGなわけ

###Site Name###

医療レーザーでもエステ脱毛でも生理中の施術は基本的にNGといわれています。これは衛生上の問題と思われるかもしれませんが、実はそれ以上の問題があるのです。



それが肌トラブルになりやすいということです。

生理中は通常よりも肌が敏感になります。



これはホルモンバランスの関係で起こる、どうしようもない生理現象です。
生理中にデリケートゾーンがかぶれたりするのはナプキンのせいと考えがちですが、それだけではなく実際に肌が敏感になっているからなのです。脱毛は光を当てて毛母細胞にダメージを当てることで進みますが、生理中の敏感な肌に照射をすると肌自体にダメージを与える可能性があります。

光が直接反応するのは黒い色の毛母細胞ですが、それがあるのは肌内部ですから、光で毛母細胞が焼ける際に肌にも影響を与えます。
生理中の敏感な肌で照射をすると大きく影響し、赤くなったり痒くなったりする可能性が高いのです。



エステの中にはVIO以外は生理中でも照射可というところもありますが、何かあっても自己責任という一文があるので、心配な方は生理中の脱毛は避けた方がいいでしょう。

でも自分は生理不順だから無理とおっしゃるかたも多いかもしれません。

ここでちょっと考えて欲しいのがなぜ生理不順なのかということです。生理不順になる原因、例えば極端な食事制限によるダイエットや睡眠不足、ストレスなど、自分で思い当たるふしがあるなら、可能な限り取り除くことが大事です。